ミカン果皮のフラボノイドの一種である「ノビレチン」、)牛乳中の主要な乳清タンパクである「β-ラクトグロブリン」という物質が、アレルギーの原因となる細胞の一つであるマスト細胞等のアレルゲンの刺激を受けた脱顆粒(くしゃみ、鼻水、かゆみのもととなる物質を放出すること)という現象を抑えることが明らかになりました。
(愛媛大学大学院農学研究科附属食品健康科学研究センター菅原教授の研究)

健康応援shop

花粉等のアレルゲン(抗原)が体内に侵入するとリンパ球が異物と判断し、それに対抗して「抗体(IgE抗体)」がつくられ肥満細胞(マスト細胞)と結びつきます。 再び花粉等のアレルゲンが体内に侵入してくると免疫機能が働き、最終的にマスト細胞からヒスタミン(かゆみなど炎症を引き起こす物質)が排出されます【=脱顆粒】。 このメカニズムが花粉症を引き起こすのです。
つまり、くしゃみ、鼻水、目のかゆみなどの症状は体内の異物を追い出そうとする正常な反応なのですが、 過剰に反応してしまうことで粘膜や皮膚を傷めてアレルギーを起こしてしまうのです。
このIgE抗体が関与することで引き起こされるアレルギーをI型アレルギーと呼びます。

健康応援shop

FcεRIシグナル経路によって引き起こされるマスト細胞の脱顆粒に及ぼすノビレチンとβ-ラクトグロブリンの相乗効果
細胞外から受けた刺激に対して細胞の中でその情報を伝達する過程を、高低差を利用した階段状の水の流れに例えてシグナル伝達カスケードと言います。
マスト細胞の表面にあるFcεRIという受容体を介してIgEが結合した後、アレルゲンがIgEと結合すると、その刺激がFcεRIに伝わりFcεRIがリン酸化という活性化機構を介してLyn(Fyn-Gab2-PI3K経路)やSyk(Lyn-Syk-LAT経路)といったタンパク質を呼び寄せ、互いをリン酸化することにより活性化されます。 ついで活性化されたSykは、LATなどのタンパク質をリン酸化し、最終的にPI3K、AKT、PLCγなどを介して、脱顆粒などを引き起こします。PI3Kのリン酸化はAKTのリン酸化を引き起こし、その下流のPKCを活性化し最終的に脱顆粒が引き起こされます。 また、PLCγのリン酸化により、その下流のDAG、IP3による情報伝達を経てPKCの活性化とCa2+の流入が起こり脱顆粒を引き起こします。
このようにマスト細胞の中では、異なる二つの経路(Lyn-Syk-LAT経路とFyn-Gab2-PI3K経路)を経て脱顆粒が引き起こされますが、ノビレチンは、Fyn-Gab2-PI3K経路をブロックし、β-ラクトグロブリンは、Lyn-Syk-LAT経路をブロックします。
このことから、脱顆粒に至る経路を異なる点でブロックするために、より強いアレルギー緩和効果が示されるのです。


「ノビレチン」と「β-ラクトグロブリン」はマスト細胞の中で、 脱顆粒の細胞内情報伝達機構の異なるポイントで作用するのです。
だから「ノビレチン」、「β-ラクトグロブリン」それぞれの単独作用よりも同時摂取の場合はさらに強い相乗効果を示すのです。

愛媛大学食品健康科学研究センター菅原教授のもとでおこなわれた、マウスやヒトを対象にした研究データでも「ノビレチン」と「β-ラクトグロブリン」の同時摂取では有効な結果が得られました。

スギ花粉症アレルゲンを投与し、花粉症を発症させたマウスに温州みかん果皮と乳清タンパクを経口投与した場合、対照にくらべ、くしゃみの回数が顕著に緩和されました。
このように動物実験においても効果が示されました。


ノビレチンを含む温州ミカン果皮、β-ラクトグロブリンを含む乳清タンパクそれぞれでも効果は認められましたが、ふたつを同時摂取した場合は、くしゃみの回数がさらに減るという相乗効果が認められました。

スギ花粉アレルギー既往者の方に、ミカン果皮・乳清タンパク含有食品を1日1回2週間摂取してもらい、スギ花粉抗原を目に点眼し、アレルギー性結膜炎を誘発して効果を検討しました。

アレルギー症状のある方14人に「ノビレチン」、「β-ラクトグロブリン」含有食品を2週間摂取して頂いた結果、鼻、眼の症状が摂取前と比べ摂取後では改善されていました。

アトピー性皮膚炎を誘発したマウスにミカン果皮と乳清タンパクを同時に経口投与した結果、対照に対し、炎症を低下させることが明らかになりました。

健康応援shop

健康応援shop

健康応援shop

メディア掲載情報

PAGE TOP

copyright © 株式会社クロレラ本社 right reserved.